だしの種類

まず良質の素材をお送りすることが、 私達の使命と考えます。

日本独自の繊細な味わい。先人たちが残してくれた、大いなる遺産です。私たちはその旨味、風味、香りの全てを守り、より豊かに育むために、何よりも素材選びにこだわります。極寒の北の海から黒潮踊る南国の海まで常に最上の素材を求め、吟味を重ねることが「食」の原点と考えています。


福島鰹のだし削り節

削り節には「鰹」以外にも様々な種類があります。それぞれの節が特徴を持っていて、香りをつけたい、コクを出したい、など目的に応じて使われます。 福島鰹では長年の経験と時代による味の変化を見ながら独自のブレンドをすることによって、相乗効果でさらに味の深みが増す「ブレンド削り節」を商品として作り上げています。

かつお節

荒本節
枯れ本節
上から厚削り・花削り・糸削り


原材料 マガツオ
特徴 かつお節は、「勝夫武士」に通じることや、「雄節」「雌節」が対になることから、古くより縁起の良い贈答品として広く使われています。その味わいは、上品であっさりとし芳醇な香りを持つ最高級のうどん・そばだしとして用いられています。またお吸い物や煮物、添え物などの日本料理には欠かせません。



宗田(目近)節

宗田節
荒削り
花削り


原材料 マルソウダ、ヒラソウダ
特徴 鰹に比べてこくのあるだしが取れ、うどん・そばつゆには欠かせません。さば節、うるめ節と合わせて使用すると風味が更に際立ちます。



さば節



原材料 ゴマサバ
特徴 淡泊な香りと、目近よりもさらに深いこくと風味の濃いだしが特長です。うるめ節と合わせて使用すると互いに風味を引き立て合い、うま味のあるだしが生まれ、特に麺類には最適です。



うるめ節




原材料 ウルメイワシ
特徴 旨味が強く香りに富み、こくのある黄金色のだしを特長とします。一般にはさば節と合わせて使われることが多く、関西の味覚に一番相性の良いだしとして古くから重宝されています。とりわけ関西ならではのうどんにもっとも適した味と色合いを醸し出すだしです。



むろ節



原材料 ムロアジ
特徴 淡い香りでまろやかな味わいが特長です。そば、うどんのだしとしては、さば節、いわし節と合わせて使用すると、それぞれの持ち味が生かされ旨味が更に広がります。きしめんやみそ煮込みのだしとして主に名古屋方面で多く使用されています。



煮干し



原材料 カタクチイワシ
特徴 だしにすると、まろやかな甘味とコクがあり、讃岐うどんやラーメンには欠かせません。その独特の香りは、クセになります。 讃岐うどん用の中葉の煮干し。ラーメン用の大葉サイズ。瀬戸内産、長崎産など、各種取りそろえております。




福島鰹の昆布

古くから関西でだしと言えば昆布。魚や動物性食品との相性が良く、特にかつお節と合わせることによる美味しさの相乗効果によって幅広く用いられています。福島鰹は、変化する自然環境を見据え、常に最上の昆布を選別仕入、倉庫で熟成させた上、昆布の持つ気品に満ちた風味を皆様にお届けしています。

利尻昆布




生息地 利尻島・礼文島、及び留萌以北、稚内・宗谷岬を越えて、オホーツク海沿岸の網走に至る地域。
特徴 数ある昆布の中から、味にこだわる京都の料亭の料理人が好むのは利尻昆布。その理由は、この昆布が他のものに比べて色が出ず澄んだだしがとれる上、味が濃いにもかかわらず、くせがないので主役である料理素材の持ち味のじゃまをせず主役を引き立てるからです。
そのつややかな表面にはうま味がたっぷりと含まれ、昆布の最高級品です。



羅臼昆布




生息地 知床半島の根室側沿岸のみに生息。
特徴 正式名は「りしり系えながおにこんぶ」と言います。
肉質は非常に柔らかいためだし汁が濁るという特徴がありますが、味は甘みが強く香りも高く、黄色味のかかった濃厚でこくのあるだしが取れます。



真昆布




生息地 道南の渡島支庁白神岬から函館を経て、噴火湾に至る地域。
特徴 幅が広く身が厚い昆布の高級品です。中でも南カヤベ郡の真昆布が最上とされています。
上品な甘みを持ち、澄んだだしが取れ、まただしを取る以外でも酢昆布や昆布茶、佃煮にも利用されます。



日高昆布




生息地 三石(みついし)町のある日高地方を主産地とし、えりも岬を越えた東岸まで。
特徴 繊維質が少なく柔らかくなりやすいので、主に昆布巻きや煮昆布など煮て食べる昆布として用いられます。