転機・業務用だしに専念する会社に

戦後しばらくして、福島京都店は法人に改組、株式会社(マルサン)福島京都店が設立となり、その後1966年には社名変更を行って福島京都店から現在の福島鰹株式会社が誕生しました。
また、法人に改組直後から、業務内容を業務用天然ダシの取り扱いに絞り込むようになります。業務用天然ダシに商品を絞り込むことを強く主張したのは福島龍助でした。再スタートを切った福島京都店では商品は順調に売れ続け、夜中まで操業することも珍しくはありませんでした。
福島龍助
(昭和30年代頃)

龍助の味

味に対するこだわりが、龍助にはありました。戦前から彼は「安くて良い味」を念頭においてダシのブレンドを進めてきましたが、業務用販売でこそ、その道が活かすことができると確信していたのです。昭和30年代に入って大手メーカーの販売攻勢が激しくなり、地方の削り節業者の中には経営危機に陥るところも出てきましたが、福島鰹ではすでに業務用ダシへと得意先の絞り込みを終えており、「安くて良いダシ」の追求において盤石の基盤を築いていたのです。


 


社章について

旧社章の(マルサン)に代えて、昭和29(1954)年に新しい社章を設定した。
鰹の跳ねる様子をイメージして、福島巌が「鰹」の文字をデザインしたもので、
当社のイメージとしてすっかり定着しています。