HACCPに基づいた
衛生管理に取り組んでいます


福島鰹ではお客様に自社の商品を安心してご使用頂くために、製造の工程においてHACCP(Hazard Analysis Critical Control Point)に基づいた衛生管理に取り組んでいます。安全な食べ物を求めるのが難しくなった今、経験則な従来の管理方法だけでなく、国際的に広く認められた基準に基づき、科学的な観点から衛生管理に取り組むためです。
しかし福島鰹ではそういった管理システムの認証取得について、それが目的ではなく、お客様へより安全な製品をお届けするための一つの方法だと考えています。大事なのは生産に関わる人一人一人の気持ちであり、つくり上げる商品への愛情です。 私達は社会に、食文化に貢献できる企業として、今後ともより安全で美味しい製品をご提供できるよう努めさせて頂きます。

※HACCP(Hazard Analysis Critical Control Point)とは

従来の「経験則的な衛生管理を行い、最終的な製品の安全性検査のみを行う」といった衛生管理システムと異なり、製造の工程ごとに決められたチェックを行い、ポイント付けを行うことによって食品の安全性に危害を与える原因を厳格にコントロールしていくシステムです。

関連リンク : HACCP これからの衛生管理(社団法人 日本食品衛生協会のページ)